文字サイズ

旭川市、東川町、東神楽町エリア不動産売却専門

リースバックの事例

WRITER
 
リースバックの事例
この記事を書いている人 - WRITER -

リースバックとはお住まいを売却しても引き続き家を借りて住み続けることができる手法です。さまざまな理由から環境を変えることのできない方でもそのまま住み続けることができます。家を売って住み替えをする場合でもゆっくりと住み替え先を決めることができるのが特徴です。

リースバックは「まとまった資金がほしい」「ローンを完済して今の家に住み続けたい」という方におすすめです。将来的に再度購入することも可能で、固定資産税もかかりません。物件の状態やエリアの賃料相場などから賃料を決定しますので査定後にご提示しております。

吉田代表

#5老後資金に活用した事例

ご相談内容
年金生活をしながら住宅ローンを支払っている状況で、今後持病が悪化して入院する可能性が高いとのこと。ご子息さまがすでに独立されているのであまり迷惑をかけたくないとの考えをお持ちで、住宅ローンの不安からも解消され老後資金を手元に用意しておきたいとリースバックをご希望されていました。

担当者より
住宅ローンの不安から解消されたいとのことでしたので、ご依頼いただいたリースバックによって、住宅ローンの不安からは解放されお手元に現金を用意することもできます。一旦は住み慣れたお住まいを売却して賃貸への住み替えを検討されていましたが、住み慣れた家で住宅ローンよりも賃料の方が安くなったためご納得されておりました。リースバックはお住まいの売却価格によって賃料が決まりますので毎月の賃料がいくらになるのかを踏まえることが大切です。

#6事業資金に活用した事例

ご相談内容
飲食店を経営されておりましたが、事業の資金繰りに困りお住まいをリースバックすることで事業資金を調達をしたいとのこと。

担当者より
住宅ローンの残債が少なかったので、事業資金の確保をすることができました。一度手放して賃貸として、事業の立て直しを行ったあとで買い戻すということも考えられていたので一時的な資金調達としてリースバックを選択されたところ、住み慣れたお住まいで生活をしながら住宅ローンよりも賃料を安く抑え、かつ事業資金を調達することができました。

オンラインによるご相談も承っております

「来店をせずに相談をしたい」「遠方に住んでいるのでいくのが大変」「多忙であまり時間がとれない」などでもお気軽にご相談できます。オンラインによるご相談を承っておりますので、ぜひご利用ください。お問い合わせフォームよりお困りごとをご記入いただきオンラインでの相談をご希望の場合には日程調整のご連絡後に、ご相談用URLをお送りします。

不動産の不安を解消する株式会社住まいるの売却相談

・どれくらいで売れるの?
・ゆっくりと住み替え先を決めたい
・後で買い戻すかもしれない

など、不動産売却のお悩みや不安をお話しさせていただきながら、解決に向けてサポートさせていただきます。無理な営業をいたしませんので、お気軽にお申し込みください。お電話、対面、Webでのご相談ができます。

リースバックとは、さまざまな事情で持ち家を売却したあとも、買い主と賃貸契約を交わすことでそのまま住み続けられる制度です。リバースモーゲージとは、持ち家を担保として融資上限額までお金を借りられる仕組みを言います。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。