平家の売却は実際難しい?平家のメリットを解説!

2022-01-25

平家の売却は実際難しい?平家のメリットを解説!

引っ越しや相続などの理由で所有している平家の売却についてお悩みの方もいらっしゃると思います。
ここでは旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で平家を売却したい方向けに平家の売却の実情と平家のメリット・デメリットを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

平屋売却は売れにくい?実際はどうなの?

平家とは二階部分がなく、一階部分だけの戸建て住宅のことを言います。

なぜ平家売却は売れにくいと言われているのか

2階部分がないので部屋数が少なくなりやすい、居住スペースが狭くなりがちといった理由で、ファミリー層には適していない物件が多いからです。
また、平家の購入を考える方は立地条件や間取りに重点を置いて探していることが多いので、条件に合わず、購入にまで至らないケースが多いとされています。

近年の傾向

しかし近年は、古民家をリノベーションして住むことが若い方に人気となっている傾向があります。
また、平家は一階部分のみなので階段がないという点において、高齢者向けの住宅としても注目されています。
これらの点から、平家も充分に魅力のある物件として、買い手がつきやすい傾向にあります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

平家の売却は実際どうなのか?メリットとデメリット

平家には多くのメリットもある一方でデメリットもあります。
どちらの点も理解して、平家売却へと繋げることができるようにしましょう。

メリット

階段がない
運動機能が低下してしまう高齢者の方が暮らしやすいので、子どもが巣立ってから平家に住み替えを検討する方も多いです。
また、将来の老後のことを考えて平家の購入を検討されるファミリー層も多いです。
生活動線の確保がしやすい
一階部分にすべての部屋があるので、洗濯などの家事の動線が確保しやすく住みやすい環境になります。
家族間のコミュニケーションが取りやすい
こちらも一階部分にすべての部屋があるので、家族の存在を感じやすい環境になります。
子ども部屋とトイレが二階にある戸建て住宅ですと、子どもが部屋にこもればなかなかコミュニケーションが取りづらくなるといったケースが多いです。

デメリット

プライバシーの確保が難しい
平家ですと、外の通行人からの視線を感じやすくなってしまいます。
また、家族間のプライバシー確保が難しくなってしまうケースになることもあります。
日当たりの確保
隣にアパートやマンションなど、高い物件が建つと、日当たりが悪くなりやすいので注意が必要です。
防犯面
空き巣は窓からの侵入が多いとされています。
一階部分に全ての部屋があるため、窓も必然的に多くなりますので、防犯面でのリスクがあります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

平家売却は売れにくいといわれてきましたが、実際は近年の平家に対するニーズは上昇傾向にあります。
メリットを活かせれば充分に平家の売却は可能です。
平家売却は信頼のできる地域に密着した不動産会社に相談することがオススメです。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却をご検討されている方は、「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ