不動産が売れない原因と改善策!早く手放したい場合のポイントも解説!

2022-01-18

不動産が売れない原因と改善策!早く手放したい場合のポイントも解説!

この記事のハイライト
●売れない不動産には共通した原因がある
●売れない原因を把握し、改善策を実践してみる
●早く手放したい場合は、不動産会社の買取がおすすめ

「不動産を売りに出したのになかなか売れない」
「売却につなげるための改善策が知りたい」
といったお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
なかなか売れない不動産には、共通した原因があります。
そこで今回は、不動産が売れない原因と改善策について解説します。
売れない不動産を手放す際のポイントもお伝えしますので、北海道旭川市で不動産売却をご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産がなかなか売れない原因とは?

不動産がなかなか売れない原因とは?

不動産がなかなか売れない場合、まずはその原因について考えてみましょう。
ここでは、建物の場合と、土地の場合に分けてご説明していきます。

建物の場合

建物が売れない原因として、次のようなことが考えられます。

  • 販売価格が適切ではない
  • 外観や室内が汚い
  • 再建築ができない
  • 旧耐震基準で建てられている

どういうことなのか、それぞれの内容を見ていきましょう。
販売価格が適切ではない
不動産の購入を検討している方は、立地や間取りなど、条件に近い不動産をいくつか選び比較します。
このとき、大きなポイントとなるのは「販売価格」です。
相場や類似物件の価格と比較して、販売価格が高すぎる不動産は、なかなか買い手が付かないでしょう。
外観や室内が汚い
不動産の購入を検討する際、ほとんどの方が実際に内見して、最終的に購入するかどうかを決断します。
「外壁の劣化が目立つ」「室内の清掃がされていない」といったように、見た目の印象が悪いと、マイナスポイントになってしまうでしょう。
建物自体に問題がある
建築基準法に満たない条件のため、一度建物を壊してしまうと建て替えることができない「再建築不可物件」も、なかなか売れない可能性があります。
また、旧耐震基準で建てられている建物も、新耐震基準の建物よりも購入後のリスクが大きいため、買い手が付きにくいでしょう。

土地の場合

土地が売れない原因として、次のようなことが考えられます。
販売価格が適切ではない
建物の場合と同じく、売れない原因として、適切な販売価格ではないことが考えられます。
土地に対して不安がある
地盤の性質や地中埋設物の有無、土壌汚染など、土地に対する不安があることが売れない原因となっている可能性があります。
境界が確定していない
境界が確定していない場合、購入後に隣地の所有者とのトラブルに発展する可能性があるため、土地が売れない原因の一つに考えられます。

こちらの記事も読まれています|不動産の買取とは?仲介との違いやメリットについて解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない場合の改善策とは?

不動産が売れない場合の改善策とは?

では、不動産が売れない場合、どうすれば良いのでしょうか。
いくつか改善策をお伝えしますので、ご自身の状況と照らし合わせながら、ご参考にしてください。

改善策1.販売価格を見直す

周辺の成約価格を調べ、相場よりも高く売り出している場合は、販売価格を見直してみましょう。
とくに、再建築不可物件や旧耐震基準で建てられた建物は、値下げを検討してみるのも良いかもしれません。
ただし、一度下げた価格は元に戻すことができないため、不動産会社の担当者と相談しながら、慎重に判断する必要があります。

改善策2.媒介契約の種類を見直す

不動産会社に売却の仲介を依頼する場合、不動産会社と媒介契約を結びます。
媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つの種類があります。
3つのうち、レインズへの登録や、売主への活動報告が義務づけられているのは、「専任媒介契約」と「専属専任媒介契約」です。
不動産の売却を成功させるためには、より広く情報を公開し、積極的に売却活動をおこなうことが大切です。
一般媒介契約の場合は、「専任媒介契約」もしくは「専属専任媒介契約」に変更してみるのも良いかもしれません。
不動産会社と相談し、より効率の良い販売戦略を立てましょう。
弊社は、お客様のご希望に沿った販売方法をご提案しています。
査定やご相談を無料で承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

改善策3.瑕疵(かし)を解消してからから売り出す

売れない原因となり得る瑕疵を解消することで、買い手が付きやすくなる可能性があります。
建物の場合

  • 外壁の劣化や、室内の傷を修復する
  • 室内の整理整頓をし、きれいに清掃する
  • 耐震補強工事を検討してみる

土地の場合

  • 隣地との境界を確定させる
  • 土壌汚染調査をおこない、土壌汚染がないことを証明しておく
  • 地中埋設物の調査をおこない、撤去する

このように、不動産のマイナスポイントになるような瑕疵を解消して売り出すことも、買い手が付きやすくなる大きなポイントです。

改善策4.登録免許税を売主負担する

不動産の売却をおこなうと、所有権移転登記をおこなわなければなりません。
このときの登録免許税に関して、売主が負担することを条件にしておくことも、改善策の一つでしょう。

改善策5.売却時期を見直す

不動産を売りやすくするために、売却時期を見直すことも検討してみてはいかがでしょうか。
進学や転勤などで人の動きが活発になる時期は、不動産の取引も活発になります。
新学期や新年度が始まるタイミングである4月に合わせて、1月から3月は住み替えの需要が増えます。
需要がある時期を過ぎてしまうと、売れにくくなるため、売却のスケジュールを合わせられるのであれば、この時期に売り出すと効果的です。

改善策6.内見時の印象を良くする

購入検討者が内見に訪れた際に、良い印象を与えることも大切です。
清掃や換気をおこなうなど、内見に向けて準備をし、当日は気持ち良く内見者を迎えましょう。

こちらの記事も読まれています|不動産の買取とは?仲介との違いやメリットについて解説

\お気軽にご相談ください!/

売れない不動産を手放す際に知っておくべきポイント

売れない不動産を手放す際に知っておくべきポイント

ここまで、不動産が売れない原因と改善策をお伝えしてきましたが、売却を長引かせたくないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで、ここからは、売れない不動産を手放すためにはどうすれば良いのか、知っておくべきポイントをご紹介します。

相続の場合は「放棄」する

活用する予定がなく、また売れそうにもない不動産を相続する予定がある場合は、「相続放棄」という方法があります。
ただし、相続放棄をすると、対象の不動産だけを選択して放棄するのではなく、それ以外の財産もすべて放棄することになるので、慎重に決断しましょう。

無料で「贈与」する

個人に無料で贈与するという方法もあります。
とくに、隣地の所有者なら、自分の土地が広がるというメリットがあるため、相談してみると良いかもしれません。
ただし、無料の場合でも贈与税が発生するため、注意が必要です。

自治体に寄附する

対象の不動産がある自治体に寄附するという方法もあります。
受け取ってもらえるかどうかは、自治体の判断によりますが、寄附をしたい場合は相談してみましょう。

不動産会社に買い取ってもらう

売れない不動産を長く所有していると、管理費や固定資産税の負担も続きます。
「改善策を試してみたけど、どうしても売れない」
「早く現金化したい」
という方は、不動産会社の買取を検討してみてはいかがでしょうか。
買主を探す必要がなく、早く現金化できるため、売れない不動産を早く手放したい方には、買取がおすすめです。

こちらの記事も読まれています|不動産の買取とは?仲介との違いやメリットについて解説

まとめ

売れない不動産には、共通した原因があります。
まずはその原因を把握し、今回ご紹介した改善策をご参考に、できる範囲で実践してみましょう。
それでも売れない場合や、早く手放したい方は、不動産会社の買取を検討してみてはいかがでしょうか。
弊社は、北海道旭川市で不動産売却のサポートをおこなっております。
仲介はもちろんのこと、買取のご相談も承っておりますので、不動産売却をご検討の際は、ぜひ「不動産の住まいる」にお任せください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ