不動産売却が難しい負動産とは?富動産に変える解決法をご紹介!

2022-02-22

不動産売却が難しい負動産とは?富動産に変える解決法をご紹介!

相続した不動産に資産価値が無かった場合、どうすれば良いのでしょうか。
将来、不動産を相続するかもしれない方は考えておきたい問題です。
不動産物件を相続する予定のある方、すでに相続した不動産物件でお悩みの方に向けて、参考にしていただきたい解決法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が難しい負動産とは

負動産とは資産価値が無く、所有しているだけでマイナスになる不動産物件のことをいいます。
不動産を所有すると固定資産税の支払いや、清掃、除草といった維持費がかかります。
そのため利用せず所有しているだけでも、収益がマイナスになってしまいます。
空き家の数は平成25年度10月の時点で820万戸となり、5年前の757万戸から増加を続けています。
日本国内で増え続ける空き家に対し、政府は平成27年2月に空き家対策特別措置法を施行しました。
土地の上に建物がある場合の固定資産税は6分の1に軽減される軽減措置があります。
けれども空き家対策特別措置法により、近隣住民に悪影響を及ぼしていると判断された空き家は軽減措置を受けることができなくなります。
そのため相続した空き家を放置せず、早めの対処が必要となります。
相続してから考えるのではなく、親が元気なうちに相続する予定の不動産について話し合いましょう。
登記名義人は誰なのか、隣地との境界は確定されているか、接している私道の所有者と取り決めはあるかといったことも確認します。
将来相続してから負動産に悩まされることのないよう、早めの対策を取ることが大切です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が難しい負動産を富動産に変える解決法

売却はまだしたくない方には、賃貸物件として貸し出す方法がおすすめです。
不動産物件が田舎にあるなら、移住者用賃貸物件やセカンドハウスとして貸し出す方法もあります。
家賃収入により、固定資産税や維持費も支払うことができるようになります。
また空き家となった不動産物件の対処方法として、多くの方が選択する方法が不動産売却です。
不動産売却が難しいと思われる物件でも、隣接地の所有者に買い取ってもらえる場合もあります。
近年高齢化が進み特別養護老人ホームが不足している中、民間の老人ホームの需要が増えています。
介護事業者が買い取り、介護施設や有料老人ホームにするケースもあります。
それでも売却が難しい場合は、買取という売却方法を検討しましょう。
買取による売却の場合、家の中に残置物があってもそのままの状態で不動産の買い取りが可能です。
負動産の売却は、査定金額だけではなく今後の維持費のことも考えて、物件の価値が下がる前に決めることが重要です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は負動産とはどういったものか、また負動産を富動産に変える解決法についてご紹介しました。
相続した不動産物件を活用しなければ、所有しているだけで費用のかかる負動産となってしまいます。
空き家として放置しないためにも活用方法の検討や、タイミングをみた不動産売却をおこなっていきましょう。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却をご検討されている方は、「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ