ハザードマップ説明の義務化が旭川市の不動産売却に与える影響とは?

2022-03-01

ハザードマップ説明の義務化が旭川市の不動産売却に与える影響とは?

不動産売却はさまざまな要因が関わってくるものであり、売却時にはいろいろなことを考えなければなりません。
とくに、売却時に説明が義務化されたハザードマップは買い手の安心面で深く関わってきます。
みなさんは義務化されたハザードマップが不動産売却にどのように関わってくるか知っているでしょうか。
本記事では不動産売却とハザードマップの関係性について解説します。
旭川市で不動産売却をおこなおうと考えている方はぜひご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

旭川市における不動産売却!ハザードマップの義務化について

まず、ハザードマップとは何か、いつから説明が義務化されたのかを確認してみましょう。

ハザードマップとは

ハザードマップは地震や台風などの自然災害による被害を事前に予測し、それらの被害範囲を地図に示したものです。
不動産が自然災害の被害に遭ってしまうと、その後の暮らしに大きな影響が出てしまいます。
とくに日本は地震や台風などの被害に遭いやすいため、このハザードマップは安全面を考慮する際に指標となる大切なものです。

ハザードマップは売却時に説明が必須に

ハザードマップは安全面の考慮に役に立つものですが、以前はとくに説明義務がないものでした。
しかし、2020年に宅地建物取引業法施行規則の一部改正を受け、不動産売却時にはハザードマップの提示・説明が義務化されています。
つまり、不動産売却をおこなう方はハザードマップに関して知っておかなければならないのです。
今までハザードマップを確認したことがなかった方は、必ず確認しておきましょう。
旭川市であれば公式HPに洪水ハザードマップ、土砂災害ハザードマップが掲載されています。

弊社が選ばれる理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

ハザードマップの義務化は旭川市の不動産売却に影響する?

結論から申し上げると、ハザードマップの義務化は不動産売却に影響する可能性はかなり低いと言えます。
というのも、不動産価格を査定するときには専門家が鑑定基準として、ハザードマップに示される土地の状況をすでに考慮しているからです。
実際に地価動向を確認してみても法改正の前後で大きな変動は見られません。
ハザードマップの義務化は、不動産売却に悪影響を与える可能性は少ないと認識しておきましょう。

弊社が選ばれる理由|お客様の声一覧

まとめ

ハザードマップの義務化は、不動産売却に悪い影響を与えることは少ないと言えます。
しかし、ハザードマップの提示・説明はおこなう必要があるため、一度は必ず確認しておきましょう。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却をご検討されている方は、「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ