旭川市に不動産物件を持っている方必見。空き家対策を分かりやすく解説

2022-02-01

旭川市に不動産物件を持っている方必見。空き家対策を分かりやすく解説

誰も住んでいない家のことを指す空き家。
空き家は犯罪リスクの向上や土地が活用できないなど多くの問題点を抱えているため、何らかの形での対策が必要です。
本記事では、旭川市の空き家に対する特別措置法と、空き家を持っている場合の対処法について解説します。
旭川市に関わりがある方、旭川市に空き家を持っている方はぜひ最後までご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

旭川市の空き家対策と特別措置法

空き家に対して特別措置法を制定するなど対策を積極的におこなっています。

「空家等対策の推進に関する特別措置法」について

旭川市は空き家の対策法として「空家等対策の推進に関する特別措置法」を制定しています。
こちらの特別措置法は適正な管理方法の啓発、利活用促進、庁内外における多様な連携など空き家を減らすために必要なことが制定されているものです。
特に、利活用促進は空き家の所有者と不動産業者のマッチングシステムを促進するなど新たな取り組みもみられます。
この特別措置法の計画期間は令和4年度から令和8年までの5年間です。
しかし、5年経過したから特別措置法が無くなるというわけではなく、基本的に5年に1回見直しがなされます。

旭川市における空き家の現状

旭川市空家等対策計画(素案)概要版によると、平成30年において空き家の件数は21,920戸となっています。
旭川市における平成30年の住宅総戸数は181,220戸となっているので、空き家率は12.1%と値がかなり高いです。
旭川市にはこのような現状があり、積極的に問題解決に積極的に取り組んでいます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

旭川市で空き家対策を行う際の対処法3選

空き家は自分でも十分に対処をおこなえることから、以下で代表的な対処法を3つほどご紹介します。

空き家バンクを活用

空き家バンクとは、空き家の物件情報を地方自治体のHPなどで掲示することを指します。
こちらの方法を用いることで空き家物件の売却や、賃貸物件として貸すこともできるようになります。
旭川市においても北海道空き家情報バンクというものがあるので、積極的に利用してみましょう。

空き家管理サービスを活用

こちらのサービスは空き家のメンテナンスをおこなってくれるサービスであり、空き家の損傷や倒壊を防ぐことができます。
空き家は適切に管理されていれば問題ないため、あくまでも空き家として所有しておきたい方はこちらのサービスを利用していきましょう。

不動産屋に売却を依頼する

空き家バンクで人に空き家を売却することが可能ですが、不動産屋に売却を依頼するということも可能です。
現状のまま売却をするか、リフォームをするのかなど空き家の取り扱いに関しては、弊社でもご相談を承っております。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

本記事では旭川市の空き家に対する特別措置法と、空き家を持っている場合の対処法について解説しました。
空き家は適切に管理ができていないと様々な問題点が生じてしまうものです。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却をご検討されている方は、「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ