旭川市で不動産売却される方必見!不動産売却のタイミングまとめ

2022-02-08

旭川市で不動産売却される方必見!不動産売却のタイミングまとめ

不動産売却をおこなうからにはなるべく高値で売りたいという方も多いのではないでしょうか。
不動産売却のタイミングについてはさまざまな方向から検討する必要があります。
今回は旭川市で不動産売却をおこなう方に向けて、地価動向と人口動態の2つの観点からタイミングについてご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

旭川市の地価動向と不動産売却のタイミング

はじめに旭川市の地価動向から不動産売却のタイミングを考えたいと思います。
旭川市だけではなく全国的にコロナウイルスの影響で地価が下落している傾向がみられます。
旭川市の2013年~2020年にかけての地価動向をみると、旭川駅周辺では地価は上昇しているものの、その中心部から離れるにつれて地価が下落しています。
その要因についてはさまざまな点が挙げられますが、大きく分けて2つの要因があります。

地価動向の要因①低金利

政府が低金利の政策を進めており、低金利で住宅ローンを利用できるため、コロナ禍という状況でも地価が上昇している地域があります。

地価動向の要因②イオンモールが出店

2015年に旭川駅の目の前にイオンモールが出店されました。
大型の商業施設ができるとその周辺に移住する方が増えます。
こうした要因から便利な駅前に人が集まり地価が上昇して、郊外から人が移り住み地価が下落するという二極化が進んでいます。
一般的に大型商業施設の建設や周辺環境の整備のタイミングで地価が上昇するため、そのタイミングで不動産売却をおこなう方が多いです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

旭川市の人口動態と不動産売却のタイミング

次に旭川市の人口動態から不動産売却を考えていきます。
旭川市のHPによると、平成21年~令和元年の間で人口がおおよそ2万人減少しています。
日本は少子高齢化が進んでおり、旭川市だけではなく多くの地域で人口減少がみられます。
人口動態は不動産売却をおこなううえでも非常に重要とされています。
人口が増えると需要が増え、不動産売却金額の相場が上昇します。
しかし、逆に人口が減ると購入する方も少なくなるため相場が下落します。
日本全体で人口が少しずつ減少傾向にあり、将来的に考えても相場はこのまま減少傾向になっていくのではないかという予想ができます。
今後の政府の政策によっても状況は大きく変化するため、一概には言えませんが人口動態という点から考えると早めに不動産売却をおこなう方が良いかもしれません。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は旭川市の不動産売却のタイミングをご紹介しました。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却をご検討されている方は、「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ