一戸建ての売却は難しい?築20年以上の住宅を売却するコツは?

2022-04-05

一戸建ての売却は難しい?築20年以上の住宅を売却するコツは?

一般的に不動産売却では、駅近が多く資産価値が下がりにくいマンションより、一戸建てのほうが売却しにくいと言われています。
とくに築20年以上経っている古い一戸建ての場合、売却は難航しやすいでしょう。
今回は、不動産売却をご検討中の方に向けて、築20年以上の一戸建て売却を成功させるコツについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

築20年以上の一戸建ての売却するときの売却価格は?

中古住宅を売却するときに、重要なポイントとなるのが築年数です。
当然、築年数の浅い物件ほど人気が高く、築5年以内であれば一戸建てであっても比較的売却がしやすいです。
一方で築20年以上の一戸建ての場合、見た目には問題なくても、売却は難しい場合があります。
築20年以上の住宅が売れないという理由として、木造一戸建ての法定耐用年数は22年であることが挙げられます。
法定耐用年数=建物の寿命というわけではありませんが、売却においては一つの目安とされています。
実際、木造一戸建ての場合、築20年で新築時の1/5以下の価格になってしまいます。
また一戸建ては、立地によっては時代の流れで需要が大きく変化することも珍しくありません。
たとえば新築のときはニュータウンとして活気があった街も、高齢化や過疎化が進んで、人気のないエリアになっているケースもあります。
そのほか、築20年以上の住宅を購入すると、住宅ローン控除が使えないというデメリットもあります。
このような理由で売却に不利な築20年以上の一戸建ては、売却価格の設定が重要になります。
まずは相場をしっかりと調べて、最新の相場から希望の売却価格を検討しましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

築20年以上の一戸建てを売却を成功させるポイントは?

築20年以上の一戸建てを売却を成功させるには、築年数以外のポイントをアピールすることが大切です。
駅近、人気エリア、日当たりの良さ、角地、水回りの設備がリフォーム済みなどは売却を有利に進めるアピールポイントになります。
建物が老朽化している場合は、古家付き土地として売り出すのもおすすめです。
解体には100万円以上かかるうえに、更地にしてしまうと固定資産税が高くなってしまうため、家を残して売却したほうが損する可能性が低いためです。
リフォームに関しても同様で、高額な費用を回収できる可能性が低く、売却目的のリフォームはおすすめできません。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

中古住宅の売却では築年数が重視されますが、古い物件でも魅力的なアピールポイントがあれば、売却を成功させることができます。
築20年以上の一戸建てを売却したいときは、まずは相場を調べることから始めてみましょう。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却をご検討されている方は、「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ