不動産売却の相談はどこにすれば良い?相続時や売却の窓口とは

2022-04-12

不動産売却の相談はどこにすれば良い?相続時や売却の窓口とは

相続などで不動産を所有することになり、初めて売却を考えている方は分からないことも多く不安を感じてしまうのではないでしょうか。
不動産売却についてどこに相談して良いのかなどお悩みの方も多いかも知れません。
ここでは旭川市周辺で不動産売却を検討されている方に向けて、不動産相続時の売却相談先や窓口に関してご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前に知っておきたい!相続した不動産の相談先は?

相続した不動産を売却するために相談したいと考えたときには、他の相続人との間でトラブルがあるかないかによって相談する相手が変わってきます。

相続トラブルがある場合は弁護士に相談

相続した不動産は相続人すべての合意がなければ売却できないため、合意が得られない場合は弁護士に相談しトラブルを解決する必要があります。
法的根拠を持つ弁護士に間に入ってもらうことで、全員の合意や所有者の決定などをおこない不動産売却を進めることができるでしょう。
弁護士への相談にかかる費用は1時間1万円が目安ですが、自治体によっては無料相談会などをおこなっている場合もあるため、利用できる場合は活用してみるのもおすすめです。

相続トラブルがない場合は司法書士に相談

相続人が一人しかおらず所有者が決定している場合や、相続人全員の合意が得られておりトラブルが発生しない場合は、司法書士に相談して不動産の相続手続きを進めましょう。
相続登記の手続きが済めば不動産売却をおこなうことができます。
司法書士への相談は1時間5,000円が目安となっていますが、実際の手続きには別途費用がかかるため、事前に確認すると良いでしょう。

相続する不動産の価値を知りたい場合は不動産会社に相談

遺産を相続する際には資産をすべて把握したうえで、相続するか相続を放棄するか決める必要があります。
相続する不動産の資産価値を知りたい場合には、不動産会社に相談し査定を依頼するのが一般的です。
不動産会社への相談は費用がかからないため、気軽に相談できるのは魅力といえます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前に知っておきたい!相続以外の売却相談窓口とは?

相続に関すること以外で売却の相談をしたい場合は相談する内容や目的によって相談窓口が異なります。

  • 不動産売却に関わる税金の相談は「税理士」
  • 不動産売却に関わる土地の境界確定や測量の相談は「土地家屋調査士」
  • 不動産売却に関わる権利や登記変更の相談は「司法書士」
  • 不動産売却に関わる全体的な相談は「不動産会社」

以上のように不動産には多くの専門家が関わっています。
どこに相談するべきか迷った場合は、まず不動産会社に相談してみましょう。
売却についての基本的な相談にのってくれるだけでなく、不動産会社からそれぞれの専門家をご紹介してもらうこともできるためおすすめです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産を相続して売却するにはさまざまな知識や複雑な手続きが必要です。
とくに初めて不動産売却をおこなう場合は、目的に合った窓口で相談することでスムーズな売却を進めることができるでしょう。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却をご検討されている方は、「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ