新築物件をすぐに売却するときに高く売る方法とは?注意点についてもご紹介

2022-07-19

新築物件をすぐに売却するときに高く売る方法とは?注意点についてもご紹介

新築物件を購入したが「思い描いていた家ではなかった」「転勤で手放すことになった」などのさまざまな理由で、すぐに売却することになるケースがあります。
購入した新築物件をすぐに売却するならば、なるべく高く売却したいですよね。
この記事では、北海道旭川市で新築物件をすぐに売却したいと検討中の方向けに、高く売却する方法や、売却する理由と注意点をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

新築物件を高く売るなら早期売却がおすすめ

新築物件はなるべく早く売却すると、高く売れる可能性が高いです。
その理由の一つとして、近年の地価が上がっている地域では、新築物件を売却すると、購入したときよりも高く売却できるケースがみられるからです。
2013年以降は地価の上昇が続いているため、2013年以降の新築物件は高く売却できる可能性があるので、早期売却がおすすめです。
もう一つの理由としては、一戸建ての新築は築年数が経つにつれて売却価格が下がっていくからです。
築年数が10年だと50%ほどの価格にまで下がり、築年数が20年になると20%近くまで大幅に下がってしまいます。
築年数が経過すると売却価格が大幅に下がることからも、早期売却がおすすめです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

新築物件をすぐに売却する理由とは?

新築物件をすぐに売却するにはさまざまな理由があってのことでしょう。
ここでは新築をすぐに売却する一般的に多い理由を以下にご紹介します。

  • 離婚で新生活をスタートさせるため
  • 住宅ローンの支払いができなくなった
  • 転勤による引っ越し
  • 近隣住民とのトラブル

新築をすぐに売却する場合には買主に理由を伝えると良いでしょう。
買主は理由が分からないと新築物件に問題があると思い、物件の購入に不安を感じてしまうからです。
また、物件に瑕疵がある場合には売主は買主にご説明する義務があり、意図的に隠していたことが発覚すると損害賠償などが発生するので注意してください。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

新築物件をすぐに売却するときの注意点

新築物件をすぐに売却するときの注意点を以下にご紹介します。

  • 新築の定義は竣工(建築工事完了)から一年未満であり、一度でも住むと中古扱いになる
  • 住宅ローンを完済できない場合はオーバーローンとなり売却ができない
  • 新築物件を売却する際には手数料や譲渡所得税などの費用が発生する
  • 新築物件に瑕疵などがある場合は伝えないと契約不適合責任が課せられる

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

新築物件を高く売るには早期売却をおこないましょう。
新築物件を売却する理由は、買主にご説明すると安心と信頼を与えられます。
新築物件を売却するときにはさまざまな注意点があるので不動産会社と相談しながら進めるのがおすすめです。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却をご検討されている方は、「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ