不動産買取の流れとは?情報収集から確定申告までご紹介!

2022-03-22

不動産買取の流れとは?情報収集から確定申告までご紹介!

売主の所有する不動産を不動産会社が直接買い取る「不動産買取」には、仲介とは異なる流れがあります。
ここでは不動産買取の流れについて基本的な段取りをご紹介しますので、不動産買取を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取の流れ①まずは事前の情報収集が大切

不動産買取は、事前の準備と情報収集が大切です。
不動産買取にあたっては、次の書類が必要になりますので、早めに用意しておくようにしましょう。

  • 登記権利証・登記識別情報
  • 固定資産税納付通知書
  • 建築確認済証・検査済証
  • 土地測量図面・境界確認書(戸建て・土地の場合)
  • マンション管理規約(マンションの場合)
  • 本人確認証・住民票・印鑑証明書

次に、所有している不動産がいくらぐらいの買取金額になるか、不動産会社に査定を依頼します。
査定金額とともに、自分でも調べるなどして相場を把握しておくと、納得した取引ができるようになるでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取の流れ②2種類の査定方法の違いとは?

不動産の査定には、簡易査定と訪問査定の2種類があり、それぞれの方法の違いは以下の通りです。

簡易査定

実際に不動産会社の担当者が現地を訪れて物件を見ることはなく、インターネットなどに物件情報を記入して査定額を出す方法です。
入力した内容だけをもとにおこなわれるため、実際の査定とは価格が異なる場合があります。
ある程度の目安を知りたいときなどに利用することが多い方法です。

訪問査定

不動産会社の担当者が現地を訪れ、実際に物件を確認して査定額を出す方法です。
物件や周辺環境をチェックするため時間と手間がかかりますが、より具体的で正確な価格が出ます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取の流れ③売却後の確定申告

不動産買取で不動産を売却したあとは、確定申告が必要な場合と不要な場合があります。
まず、売却によっていくら利益が出たのか、もしくは出なかったのかを次の式で算出します。
買取価格-(不動産の購入価格+購入時の諸経費+売却時の諸経費)
この計算の結果、プラスの値が出れば利益が生じたことになり所得税が課せられ、マイナスであれば損失となり所得税は課せられません。
ただし損失が出た場合でも、確定申告をすれば控除が受けられるケースがあります。
つまり、売却によって利益が出た場合でも、損失が出て控除を受ける場合でも、確定申告をすることになります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産買取の手順においては、ご自身で価格の相場を把握するなど情報収集が大切です。
売却した結果、利益が出た場合は当然ですが、損失となった場合でも控除が受けられるため、確定申告の手順についても把握しておくことをおすすめします。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却をご検討されている方は、「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ