不動産の買取とは?仲介との違いやメリットについて解説

2021-12-28

不動産の買取とは?仲介との違いやメリットについて解説

不動産の売却をおこなう際、2つの方法があるのをご存じでしょうか。
2つの方法とは、「仲介」と「買取」です。
仲介と買取は、売却の方法に大きな違いがあります。
そこで、買取とはどんな売却方法か、仲介との違い、メリットとデメリットについて解説いたします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の買取と仲介との違いとは

不動産の買取とは、直接不動産会社が買主となって引き受けることです。
仲介は、依頼を受けた不動産会社が買主を見つけることです。
仲介と買取では、誰に売るのかという点が大きく異なります。
仲介がおすすめなケース、買取がおすすめなケースはそれぞれ違うため、状況に応じて選ぶ必要があります。

こちらの記事も読まれています|不動産売却が長引くときに知っておきたい原因や対処法とは?

\お気軽にご相談ください!/

不動産の買取で メリットと言われる点とは

売主の方が不動産の売却で買取を選んだ場合、次のようなメリットがあります。

  • 仲介手数料が不要
  • 売却までにかかる時間が短い
  • 契約不適合責任を負わない
  • 内見が不要

不動産を売却する際、売主と買主の間に立つ業者に仲介手数料を支払います。
しかし買取では間に立つ業者は不在のため、仲介手数料は支払わなくて良いのです。
また、買主を探す手間が不要なので売却を終えるまでの時間がかかりません。
契約不適合責任とは、売却した後に契約と異なることが見つかった場合の責任です。
仲介の場合は売主の方が契約不適合責任を負うことが多く、契約と異なることが見つかった場合は補修をおこなうなど責任を果たす必要があります。
買取では不動産会社が直接買主になるので、売主の方は契約不適合責任を負う必要がありません。
さらに買主が不動産会社なので、家の中を買主が実際に見る内見をおこなう必要がなく対応する煩わしさがないこともメリットのひとつです。

こちらの記事も読まれています|不動産売却が長引くときに知っておきたい原因や対処法とは?

\お気軽にご相談ください!/

不動産の買取でデメリットと言われる点とは

売主の方が不動産の売却で買取を選んだ場合、デメリットはあるのでしょうか。
実は、次のようなデメリットがあります。

  • 仲介より売却価格が安い
  • 買取に対応していない不動産会社もある

不動産会社は買い取った物件を売却することを目的として、買取をおこなう場合がほとんどです。
そのため、買取による売却価格は一般的な相場の60%から70%くらいになります。
またどこの不動産会社でも買取をおこなっているわけではなく、仲介だけに対応しているところもあります。
旭川市の周辺でも、買取をおこなっていない不動産会社はあります。
買取をご希望の場合は、まず不動産会社を探すところから始めなければなりません。

こちらの記事も読まれています|不動産売却が長引くときに知っておきたい原因や対処法とは?

まとめ

不動産の売却方法のひとつである「買取」は、メリットとデメリットの両面を持ち合わせています。
しかし、高く売ることよりも早く売ることを重視する方に、買取はおすすめの方法です。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却をご検討されている方は、「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ