不動産売却の仲介と買取に違いはある?それぞれのメリットと注意点を解説

2021-11-08




所有する不動産の売却は「仲介」と「買取」の大きく2つの種類に分けられます。
なんとなく意味は理解しているけれど、仲介と買取による売却の違いやメリット・デメリットまではよくわからないという方もいるはずです。

不動産売却を検討中の方は、それぞれの意味を理解しておくことで、スムーズに売却を進めることができるでしょう。
この記事では、不動産取引の仲介と買取の違いに加えてメリットと注意点まで幅広く解説していきます。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の仲介と買取の違いとは

不動産売却には、大きく分けて仲介と買取の2種類があります。
ここでは、それぞれの違いについて詳しく解説していきます。


買い手が違う

仲介と買取では、物件を購入する買い手に違いがあります。
一般的に不動産売却を仲介で行う場合、不動産会社が物件の購入を希望する買い手を探した上で売却が成立します。そのため、不動産会社はあくまで仲介役です。


一方で、買取の場合は不動産会社が物件を直接購入するため買い手が不動産会社となっています。
ただし、買取の場合でも不動産会社が買取企業などに買取物件として紹介するケースもあります。
仲介と買取それぞれのメリットについては、後半で解説していきます。

売却までの流れが違う

仲介と買取では、不動産売却までの流れが違います。
不動産売却を仲介で行う場合、不動産売買のポータルサイトやチラシなどに売却する物件の情報を掲載するほか、購入希望者の内見にも対応が必要です。


一方で、不動産売却を買取で行う場合は、上記のような販売活動が不要なため販売期間や売却までの流れを短縮しやすくなります。
また、仲介の場合は売却から引き渡しまでの期間に3ヶ月以上かかることもありますが、買取の場合は短い期間で手続きを進めやすいことが特徴です。

不動産売却で買取を選ぶメリットと注意点

不動産売却で仲介ではなく買取を選択するといくつかのメリットと注意点が考えられます。
それぞれを詳しく解説していきます。


仲介手数料が不要になる

不動産会社に直接買取を依頼する場合、仲介取引で発生する仲介手数料が発生しないというメリットがあります。
仲介手数料は、一般的に「不動産売却価格の3%プラス6万円」で計算されるため、売却する不動産の価格によっては仲介手数料である数十万〜数百万円の支払いが不要です。


売却までの期間を短縮しやすい

不動産会社による買取を希望する場合、売却までの期間を短縮しやすく入金などのスケジュールを把握しやすいことがメリットです。
仲介による不動産売却の場合、希望価格で購入してくれる買い手が見つかるまで時間が必要な場合もありますが、不動産会社による買取の場合はすぐに売却できるケースも多くなっています。
そのため、現金化を急いでいる場合や引っ越し先が決まっている場合など、短期間で売却を進めたい方に向いています。


買取できない場合もあるので注意が必要

不動産会社による買取だからといって、すべての不動産を買取してくれるわけではないため注意が必要です。
主に、物件の老朽化などによって、今後の販売や修繕が困難な場合が当てはまります。


不動産会社だからといって絶対に買取してくれると思わないようにしておきましょう。
売却予定の物件がどの程度の売却価格になるのか把握できていない方は、不動産会社に無料査定を依頼してみることをおすすめします。

まとめ

不動産売却における仲介と買取の違いを紹介してきました。
仲介と買取は、主に売却までの流れと期間、仲介手数料の有無に大きな違いがあります。
短期間での売却を目指している方は買取がおすすめですが、じっくりと希望価格で購入してくれる買い手を探したいという方は仲介も検討してみましょう。


旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却を検討されている方は、「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページより、24時間不動産の査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ