不動産売却価格の決め方とは?売り出し価格を決める手順と流れを解説

2021-11-08



現在所有している自宅や相続した実家、アパートなどの不動産を売却したいと考えている方は、売却価格はどのように決めればいいのかわからないという方もいるでしょう。 実は、不動産売却価格の決め方に明確な基準や答えはありません。
なぜなら、不動産の売却価格は土地や老朽化、物件周辺の環境などによっても大きく変化する価格だからです。
複数の不動産会社に売却価格を問い合わせしても、それぞれの会社からの査定結果に価格差があり困っているという方もいるはずです。
この記事では、不動産売却価格の決め方にお困りの方に向けて不動産の売却価格の決め方で大切なポイントと注意点を解説していきます。

 

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却価格の決め方には明確なルールがない

基本的には、不動産売却価格の決め方にはルールが定められているわけではありません。
つまり、売主が売りたいと思う売却価格を自由に設定しても問題はないということです。

しかし、相場よりも高い売却価格を設定してしまうと、買手が見つかるまでに時間がかかってしまうことは理解しておく必要があります。
一方で、相場よりも安い売却価格を設定すると、買手が見つかる可能性が高くなることが特徴です。
後から価格設定に困らないためにも、不動産売却価格を決めるまでの方法を具体的に理解しておきましょう。

不動産売却価格の決め方

ここからは、実際に不動産売却価格の決め方の手順を大まかに解説していきます。
どのような流れで売却価格を決めていけばいいのか知りたい方は参考にしてください。

地価公示を知る

まずは、売却を予定している不動産の地価公示を知ることをおすすめします。
公示価格とは、国土交通省や都道府県が公表している土地の価格調査です。

土地売買が適正価格で取引されることを目的に調査された価格であるため、売却価格を決める際の参考になるでしょう。
ただし、地価公示はあくまで目安価格として利用され、実際の取引価格とは異なる可能性があるため注意が必要です。

希望売却価格を決める

次に、不動産を売却したいと考える希望価格を決めていきます。
現時点での希望価格として、「いつまでにいくらで売りたい」という時期と価格を決定しましょう。

事前にご自身の希望をまとめておくことで、実際の売却価格を決めるときに悩む心配や不安が少なくなります。
ここで決めた希望売却価格はあくまで目安価格として考えておくことがおすすめです。

不動産会社に査定依頼をする

売却したい不動産の公示価格と相場を確認できたら、不動産会社に査定依頼を出してみましょう。

不動産会社の査定は、主に以下の2種類の方法から選択できます。
・机上査定(簡易査定)
・訪問査定
机上査定では、不動産の築年数や周辺相場をもとに素早く査定金額を依頼できるため、簡易査定とも呼ばれています。
一方で、訪問査定では不動産会社が立地だけではなく、物件の老朽化などの管理状況も含めた現地調査をした上で査定価格を算出してくれるため、できる限り正確な売却価格を知りたい方におすすめです。


まとめ

今回は、自宅やアパートを売却したいと考えている方に向けて、不動産価格の決め方と大まかな流れを紹介していきました。
基本的には、不動産の売却価格には明確なルールがありません。だからこそ、物件の相場価格を正確に算出することが大切です。
不動産売却を考えている方は、紹介した流れで希望の売却価格を決めていきましょう。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却をご検討されている方は「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページでは、24時間不動産の査定依頼を受け付けておりますので、ご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ