売却のとき家の解体費用には補助金が適用される?その注意点とは

2022-05-31

売却のとき家の解体費用には補助金が適用される?その注意点とは

解体をおこなってから、家の売却をおこなうことは多くあります。
しかし、旭川市を中心とした東神楽町ひじり野や東川町においても、解体には意外と多額の費用がかかるものです。
そこで気になるのは、家の解体費用に対する自治体の補助金ではないでしょうか。
ここでは、解体費用への補助金の適用条件と受ける際の注意点をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

売却の際の家の解体費用に対する補助金について

現在、全国的に増加している空き家が問題視されています。
そこで、家の解体費用に対して補助金の給付をおこなう自治体の取り組みが広がっています。
自治体が補助金の給付をおこなう目的は、街の景観を保つためや放火・犯罪の防止、近隣への危険性の排除などです。
一定の条件を満たす必要がありますが、補助金が適用されると解体費用の負担軽減が期待できます。
満たさなければならないのは、おもに以下のような条件です。

  • 空き家であること
  • 腐朽破損レベルが基準を超えている
  • 築年数
  • 税金の滞納がない
  • 前年の所得

空き家であることが条件ですが、とくに特定空き家に指定されていると補助金の対象となる可能性が高くなります。
また、倒壊の危険度の高い空き家は補助金の対象となりやすいですが、その判断基準となるのが腐朽破損レベルです。
腐朽破損レベルは一般的に4段階によって表され、レベルによっては補助金の対象外となることもあります。
さらに前年の所得が1,000万円を超えている場合、自己資金での工事が可能とみなされ、補助金の対象にならない場合があります。
そのほかにも自治体によって条件が設けられている場合があるので、売却の際、解体をおこなう前に一度確認をしておくと良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

売却の際の家の解体費用に対する補助金の注意点

補助金を受け取れると、解体することへのハードルが下がるかと思います。
しかし、補助金を受け取るうえで気を付けなければならない注意点もあります。

  • 自治体によって異なる制度
  • 時間がかかる審査
  • 手続きは自分でおこなう
  • 補助金を受け取れるのは工事のあと

解体に対する補助金は自治体がおこなうものであり、全国的に統一されているわけではないため、支給内容や条件は自治体によって異なります。
なかには制度がない自治体もあるので注意しましょう。
また、審査には一般的に数週間程度かかることが多いため、早めの申請が必要です。
手続きは、業者などが代行でおこなうこともできますが、手数料を支払うことになるのでできるだけ自分でおこなったほうが良いです。
さらに、補助金を受け取れるタイミングは、工事が済み支払いを終えたあとになります。
そのため、一度自分で支払う必要があるので、気を付ける必要があります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

売却のために家の解体をおこなうとき、条件を満たせば自治体による補助金を受けられます。
自治体によっても制度や条件は異なるので、事前の確認をおすすめします。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却をご検討されている方は、「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ