ペットを飼育していた家は売却で不利になる?スムーズに売却する方法とは?

2022-06-07

ペットを飼育していた家は売却で不利になる?スムーズに売却する方法とは?

ペットを飼っていた家を売却したいけれど、ペット飼育が原因で家の価値が下がらないかと、心配している方はいらっしゃいませんか?
すべての家が当てはまるわけではありませんが、ペット飼育が原因で査定額が下がってしまう可能性があります。
今回は、旭川市を中心に一戸建ての売却をご検討している方へ向けて、ペット飼育が原因で家の査定額が下がる理由や、対策方法について解説いたします。

\お気軽にご相談ください!/

ペット飼育が家の査定額を下げてしまう理由とは?

ペット飼育が家の査定額を下げてしまう理由として、次の3つが挙げられます。

  • ペットによる室内の傷
  • ペットによる部屋のニオイ
  • ペットアレルギー

一般的に家の査定額が下がるおもな理由は部屋の劣化で、とくに犬が走り回ってつけたフローリングの傷や、猫がつけた壁紙の傷などは目立つため、査定額を下げる要因となってしまいます。
そのほかには、ペットのニオイが査定額に影響を与えることがあります。
犬や猫などの動物はニオイがつきやすいのですが、一緒に暮らしている売主は気づきにくいものです。
ペットのニオイは家具だけでなく壁紙にもついてしまうため、ペットを飼っていない方は、すぐに気がついてしまいます。
事前に消臭対策をしてある程度のニオイを抑えることはできても、完全に消すことはできないため、購入希望者から値引きを要求される可能性があります。
さらに、ペットに対してアレルギーを持っている方は、掃除などを細かくしていても目のかゆみやくしゃみなどのアレルギー反応が出ることがあるでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

ペットを飼育していた家の査定額を下げないための対策とは?

ペットを飼育していた家を売却するときには、ペットがつけた傷の修繕をしてから売却したほうが良いでしょう。
傷の程度によって、自分で補修できる場合もありますが、傷の範囲が広く複数箇所に及ぶときは、専門の会社に依頼することもできます。
また、ニオイの対策として、脱臭クリーニングをおこなうことや、壁紙を脱臭機能があるものに張り替えることも効果的です。
内覧希望者が来訪するときには、掃除と換気をしっかりとおこない、ペットを散歩に連れ出すなどしておくと良いでしょう。
さらに、現在ペットを飼育している買主を探すのも1つの方法です。
ペットを飼育している方であれば、ある程度ペットのニオイや傷にも慣れているため、許容範囲が広い可能性があります。
どうしても売却がスムーズに進まない場合は、買取を検討すると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

ペットを飼育していた家の査定額は下がる可能性があります。
しっかりと対策や売却へ向けた準備をおこなうことが大切です。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却をご検討されている方は、「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ