北海道旭川市で不動産売却!売却前にリフォームは必要?メリットや費用を解説

2021-10-12

北海道旭川市で不動産売却!売却前にリフォームは必要?メリットや費用を解説

この記事のハイライト
●ニーズに合わないリフォームは不要!状況にあったリフォームを。
●売却前のリフォームはクレーム予防が吉!不動産会社と相談する。
●買主が重視する水廻りの清潔感、リフォーム費用の相場をチェック。

家族と大切な時間を過ごした家も時間の経過と共に劣化してしまいます。
そんな経年劣化の進んだ家をいざ売りに出す時にはリフォームが必要なのでしょうか?
今回は売却前にリフォームが必要かどうか解説します。
北海道旭川市にお住まいのお客様で売却をお考えの方はぜひ、参考にチェックしてみてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

北海道旭川市で不動産売却!売却前にリフォームは必要?

北海道旭川市で不動産売却!売却前にリフォームは必要?

数年間住み続けた不動産を売却する際に、どうしても気になるのがリフォームが必要かどうか。
不動産は経年とともに外壁や内装など劣化していくのが一般的です。
北海道旭川市エリアのお客様からも売却のご相談とともに、リフォームを検討すべきか多くのご相談が寄せられます。
一般的には、不動産を売却する際にリフォームは必要ないと考えられています。
その理由について、解説いたします。

理由①リフォーム費用を回収できない

マンションや戸建てなど、経年劣化に伴い室内をフルリフォームするとなると、数十万~数百万円の費用がかかることが一般的です。
そしてかかったリフォーム費用を上乗せして売りにだすと、築年数や周辺の売却価格と比べ、高額になることが予想されます。
そうなると周辺の他物件と比較されて、売却しづらい状況に陥ってしまうかもしれません。

理由②買主のニーズに合わない場合がある

中古不動産を購入する方は安く不動産を購入し、自分好みの家に仕上げたいという方が多い傾向にあります。
せっかく買主が求める立地や条件であったとしても、リフォーム済みで近隣相場と比べ高い上に、内装の好みが合わないと選択肢から外れてしまう可能性も。
また昨今は空前のDIYブームだったり、他とは違う個性的な内装にしたいという方もいます。
そのため、必要最低限の補修のみにしておくことで、さまざまなニーズに対応できるでしょう。

この記事も読まれています|旭川市周辺で不動産売却するときに知っておきたい売却で発生する費用の種類

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却する際にリフォームをするメリットとデメリットとは?

不動産を売却する際にリフォームをするメリットとデメリットとは?

とはいえ、不動産を売却をする上においてリフォームが効果的に働く場合もあります。
ここからは、不動産売却時にリフォームをするメリットとデメリットについてみてみましょう。

メリット①早く売却できる可能性がある

似たような条件の不動産がいくつか販売されている場合、リフォーム済みの不動産は早く売却できる可能性があります。
たとえば早急に入居先を探している方にとっては、すぐに引っ越しができるため、即決される可能性があります。
またリフォームしていない不動産だと、どのくらい修繕が必要か見積りを取らないと予算が見えないのが難点。
きちんと修繕されたリフォーム済みの不動産であれば、予算が確定しているので安心して購入に進みやすいのです。

メリット②売却後のクレームを予防できる

2020年4月に民法が改正され「瑕疵担保責任」から「契約不適合責任」と改正されました。
これにより買主の請求できる権利が増加し、売主にとってはより責任が重くなる改正になったといわれています。
契約不適合責任は、売買の目的物が「種類、品質または数量に関して契約の内容に適合しないものであるとき」は、買主は売主に対して契約不適合責任を追及できるという制度です。
つまり契約書の記載に基づいた不動産の状態かどうかが重要になります。
そのため契約書に記載のない傷や不具合がある場合、その事実をもとに契約不適合責任の履行を求められる可能性があるのです。
売却後に修繕や代金減額請求を求められるケースもあるため、売却前にきちんと不動産の不具合を調査し、リフォームをしておくことで売却後のクレーム予防となるでしょう。

メリット③不要な値引きを阻止できる

不動産売買において、値引き交渉はつきものです。
故障している箇所や損傷がひどい場合は、値引き交渉に対応せざるを得ないのが実情です。
しかしながら、あらかじめリスクのある故障や損傷個所は修繕やリフォームしておくことで不要な値引きを阻止できる上、買主は安心して購入へ進めます。
そのため、提示した希望どおりの価格で売却が進められるでしょう。

デメリット①リフォーム費用を売却価格へ上乗せすると売却しづらい

リフォーム費用は売却価格へすべて上乗せできるかというとそうではありません。
かかったリフォーム費用をそのまま上乗せしてしまうと、売却価格が高額になり売れない可能性があるからです。
多額のリフォーム費用をかけても、必ずしもその費用が回収できるとは限りませんので注意が必要です。

デメリット②売却時期によってはリフォームよりスピード優先の場合も

一般的に不動産取引が活発になるのは、新年度が始まる前の1月~3月頃だと言われています。
もしこの時期に売却をお考えの場合はリフォームに時間をかけるよりも、売却活動へ力を注ぎましょう。
ただし後々のクレーム防止のため、不具合箇所の特定と、必要最低限の修繕は検討し進めたほうがいい場合もあります。
売却を仲介する不動産会社とよく相談して進めましょう。

デメリット③買主の希望に沿わない場合も

買主のニーズにあっていないリフォームをすると、購入に至らないケースがあります。
それではせっかく費用をかけたのに、売却へつながらなず最後は値引きなどをして売却する悪循環に陥るケースも。
こちらも、売却を仲介する不動産会社とよく相談して進めるといいでしょう。
北海道旭川市へお住まいの方で、不動産売却前のリフォームにお悩みの方は、弊社不動産の住まいるへお気軽にご相談くださいませ。

この記事も読まれています|旭川市周辺で不動産売却するときに知っておきたい売却で発生する費用の種類

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却する時のリフォーム費用の相場をチェック!

不動産を売却する時のリフォーム費用の相場をチェック!

不動産売買において買主が重点的に見る場所は、ズバリ水廻りです。
しかしながら、水廻りはリフォーム費用も高額になる場合が多いため、注意が必要です。
購入希望者からリフォーム費用の値引きを求められる可能性もありますので、事前に相場をチェックしておきましょう。
キッチン:50~150万円程度
キッチンはレイアウトのタイプにより費用が大きく異なります。
一般的なI型キッチンは比較的リーズナブルですが、L型やペニンシュラ型、アイランド型になると、150~200万円を超える場合もあります。
浴室 :50~150万円
システムバスの交換は、本体のグレードで大きく異なります。
在来浴室からシステムバスにリフォームする場合、うまく収まらない、壁の補修が必要など、条件によっては高額になるケースもあります。
洗面所:20~50万円
洗面所はおしゃれなカウンタータイプなどにすると高額になりますが、一般的な洗面化粧台を新しいものへ交換する場合は、20万円以下で交換できる場合もあります。
トイレ:10~50万円
トイレは便座を温水洗浄便座にするだけでもガラッと印象が変わります。
その程度であれば、コンセントがあれば10万円以内で工事できる場合も。
節水型の便器へ一式交換は便器と便座セットで20万円前後、和式から洋式への交換の場合は、床工事も発生するため50万円前後かかる場合もあるでしょう。

この記事も読まれています|旭川市周辺で不動産売却するときに知っておきたい売却で発生する費用の種類

まとめ

売却時にリフォームをすることで、買主の購買意欲のアップにつながる可能性もありますが、その反面ニーズが合わずに購入に至らない可能性もあります。
北海道旭川市エリアで不動産売却をお考えの方は、リフォームをするかどうかの判断を含めてぜひ、私ども不動産の住まいるへお気軽にご相談くださいませ。
まずは現地の状況を確認しながら、お客様の大切な不動産がご希望の金額で売れるためのお手伝いをさせていただきます。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ