不動産売買契約でおこなわれる重要事項説明の注意点を解説!

2021-12-14

不動産売買契約でおこなわれる重要事項説明の注意点を解説!

今回は土地や一戸建ての売買契約における重要事項説明について解説します。
契約当日に「内容を理解できないまま重要事項説明が終わってしまった」なんてことにならないように、事前に注意点を確認しておきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売買における重要事項説明とは

宅地建物取引業者が不動産売買の取引をおこなう際に、買主に対して重要事項説明書を交付し、重要事項説明をすることが義務付けられています。
これは高額な不動産を扱うにあたり、買主が誤った認識や勘違いで損をしないようにするための、買主の保護を目的としています。
説明をするのは宅地建物取引士で、求められなくても宅地建物取引証を提示しなければなりません。
また重要事項説明書には、宅地建物取引士の署名捺印が必要です。
必ず契約が成立する前に説明することが義務付けられていて、契約と同日におこなわれることが一般的です。

こちらの記事も読まれています|旭川市周辺で不動産を売却するときに知っておきたい売却の流れと必要な期間

\お気軽にご相談ください!/

不動産売買契約でおこなわれる重要事項説明の注意点

重要事項説明の確認するべき注意点を見ていきましょう。

物件についての説明

物件広告と住所や構造、面積、築年数などに違いがないか確認します。
抵当権が設定されている場合は、引き渡しまでに抵当権が抹消されるか、その旨が契約書に記載されているかも確認します。

法令上の制限

自分が住む地域が、建築する上でどのような制限があるのか、把握しておく必要があります。
用途地域によって、建築や建て替えの際に斜線制限などの高さ制限がつくことがあります。
建ぺい率や容積率を確認も確認します。

接道道路について

接道している道路によっては再建築が不可な場合や、セットバックが必要な場合があります。
購入する土地が建築可能な道路に接道しているかを知ることは、重要な注意点です。
接道道路が私道の場合は、負担金の有無についても記載されます。

上下水道のインフラ整備について

上下水道などのインフラ整備がされているか確認します。
未整備の場合は整備される時期、負担金についても記載されます。

契約の解除に関する事項

売主、買主のどちらかに契約違反があった場合の契約の解除について、違約金の支払いについても記載されています。
ローンで購入する場合は、ローンが借りられなかった時に、違約金なしで契約が解除されるローン特約が記載されているかも確認します。

契約不適合責任

契約不適合責任とは、購入した物件に契約内容と異なる不具合が見つかった場合、買主は売主に対してその対応を請求できる権利です。
売主が契約不適合責任を負わないという特約がつけられることもありますが、知っていながらも隠していた不具合については、売主が責任を負うことになります。

こちらの記事も読まれています|旭川市周辺で不動産を売却するときに知っておきたい売却の流れと必要な期間

まとめ

重要事項説明書は専門的な用語も多く、一度で理解することは難しい内容です。
重要事項説明の途中でも、わからない箇所は何度でも質問して理解することが必要です。
また事前に取引業者から重要事項説明書や契約書のコピーをもらうなどして、内容を確認してから契約に進むようにしましょう。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却をご検討されている方は、「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ