不動産売却をする場合にリノベーションは必要?

2021-10-19

不動産売却をする場合にリノベーションは必要?

不動産の売却を検討する際、そのままの状態で売り出せば良いのか、リノベーションするべきなのかと悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、不動産を売却する際、リノベーションする必要はありません。
そこで今回は、旭川市で不動産売却をご検討されている方に向けて、売却前にリノベーションが不要な理由や、リフォームとの違いについて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前のリノベーションは不要!その理由とは?

不動産売却を検討する際、「リノベーションで住宅をきれいにしてから売り出したほうがより高値で売れるのでは?」と考える方もいらっしゃるでしょう。
しかし、不動産売却を検討する際、リノベーションは必要はないと言えます。
その理由は、2つあります。

リノベーションした際にかかった費用の回収が難しい

たとえば、一般的な住宅で、壁紙やキッチン、浴室などの水回りの設備を一通り交換するためにかかる費用は、約100万円から300万円ほどになります。
間取りを大きく変えるとなると、500万円を超える場合があります。
これだけの費用を売却価格に上乗せして売却するのは難しいですから、結果的に損をしてしまう可能性が高いでしょう。

買い手のニーズに合わない可能性がある

最近は、リノベーションをする前提で中古物件を購入する方が増えています。
リノベーションがされている物件は、好みやライフスタイルに合わないという理由から、かえって売れにくくなる可能性があります。

この記事も読まれています|一戸建てを売却したいあなたへ!売却までの流れや知っておくべきポイントをご紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却においてリノベーションとリフォームの違いとは?

リノベーションとリフォームの違いについても理解しておきましょう。
リノベーションとは、大規模な工事によって、新築の状態よりも家の性能を向上させ、住宅の価値を高めることです。
一方、リフォームとは、老朽化した建物を新築に近い状態に戻すことを指します。
リノベーションは費用が高額になるためおすすめできませんが、査定価格が1,000万円以下の不動産を売却する場合は、売り値が比較的安いため、価値を上げるためにリフォームを検討しても良いかもしれません。
そのままの状態で売却する場合は、ハウスクリーニングがおすすめです。
きれいな状態で売り出すことで、内見に訪れた方の印象が良くなります。
清掃がされていない住宅は、値引きの交渉がされやすくなるので、ハウスクリーニングをおこなうことはぜひご検討ください。

この記事も読まれています|一戸建てを売却したいあなたへ!売却までの流れや知っておくべきポイントをご紹介

まとめ

今回は、不動産売却において、リノベーションが不要な理由や、リフォームとの違いについてご紹介しました。
そのままの状態で売り出すか、ハウスクリーニングできれいにしてから内見者を迎えることをおすすめします。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建て住宅や空き家物件の売却をご検討されている方は、「不動産の住まいる」にお任せください。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ