【不動産売却査定】ケース毎におすすめの使いどころを解説

2021-09-07

不動産売却の査定や住み替えのおすすめ方法

土地や建物を手放したいと考えているのなら、どれくらいで売れるのかも事前に知りたいものです。
どれくらいの金額で売れるかによって、今後の資金計画や人生計画などが変わってくるからです。
本記事では、不動産売却のおすすめ査定や、住み替えなどについての情報をお伝えします。

\お気軽にご相談ください!/

【おすすめとは?】不動産売却査定の使いどころを知ろう

不動産売却をしたいと考えており、とりあえず概算を知りたいのなら、簡易的な見積もり(机上査定)の依頼がおすすめです。
簡易的な見積もり(机上査定)では、物件の間取りや築年数といった、情報から金額を算出します。
実際に現地で調査をするわけではないため、スピーディーに概算を知ることができるでしょう。
もうひとつの方法が、現地で見積もりを出す方法(訪問査定)です。
こちらは、専門の鑑定スタッフが現地に足を運び、さまざまな部分をくまなくチェックします。
そのため、見積もり額が高精度であることが魅力です。
確実な価格を知りたい、といった場合にはこちらを選択しましょう。
ただ、金額を算出するのに、1週間程度かかることが多いため、そこは注意してください。
なお、見積もりを依頼するときは、できるだけ物件の詳細な情報を提出しましょう。
特に、簡易的な見積もり(机上査定)では、資料のみを使用して算出するため、詳細な情報が必要です。
図面や登記簿謄本、重要事項説明書なども準備しておくとよいでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声

\お気軽にご相談ください!/

【おすすめとは?】住み替えの時は不動産売却と一緒に依頼が良い?

住み替えを検討しているのなら、売却と購入どちらも同じ不動産会社への依頼がおすすめです。
家の買い替えは、タイミングが重要であるため、会社側とうまく連携をとりつつ進めなくてはなりません。
そうしないと、家は売れたもののまだ住むところが見つかっていない、売れていないのに新居を購入してしまった、といったことにもなりかねないからです。
このような事態を回避するために、同じ会社に相談、依頼をするのが基本です。
なお、買い替えの場合、新居探しから始める方は少なくありません。
しかし、大切なのは新居の購入よりも既存物件を売ることです。
売れた金額や期間などにより、新居の予算や購入時期などが大きく変わるからです。
既存物件を売ることにまずは注力しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声

まとめ

不動産売却における査定や住み替えのおすすめ方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。
とりあえず概算だけでもすぐに知りたい、といった場合には簡易的な見積もり(机上査定)を依頼し、確実な額を知りたいのなら現地での訪問査定をお願いしましょう。
また、本記事でお伝えしたとおり、買い替えにおいてはタイミングが重要です。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で一戸建ての売却または住み替えをご検討されている方は、「不動産の住まいる」のホームページよりお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ