旭川市で空き家を売りたいならどんな状態がおすすめ?その理由を解説

2021-09-10

旭川市で空き家を売りたいならどんな状態がおすすめ?その理由を解説

空き家は早く処分をしたほうが良いものです。
しかし、早く売りたいと思ってもそのままで売るのが良いのか、更地にしたほうが良いのか、売り方もさまざまで、売り方に悩んでしまうこともあります。
空き家を売る方法や早く売ったほうが良いメリットを知っておきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売りたいならそのままの状態が良い?

空き家を売りたいなら、そのままの状態で売る方法と、更地にして売る方法、さらにはリフォームをして売る方法があります。
そのまま売る方法は、手間がかからず解体費用もかかりません。
近年では古民家をリノベーションして住みたいという人も増えているので、需要があります。
そういった人をターゲットにして売るなら、そのままの状態で販売活動をしましょう。
空き家を売りたいと思っても、耐震性や見た目の問題など、建物がデメリットとなる場合もあります。
その場合は、建物を壊して更地にしたほうが良い場合もあります。
しかし、建物を壊す費用がかかるので、どちらが良いのかはご相談ください。
空き家を売りたいなら、リフォームをするのも一つの方法です。
物件の印象がよくなり、売れやすくなるでしょう。
しかし、リフォームをしたからといって、必ずしも売れるとは限らないのがデメリットです。
リフォームが買い手の希望とマッチしていなければ、売れる可能性が低くなります。

この記事も読まれています|【不動産売却査定】ケース毎におすすめの使いどころを解説

\お気軽にご相談ください!/

早く空き家を売りたい!保有にかかる費用

空き家は早く売ったほうが良い理由の一つが、保有に費用がかかることです。
売れるまでできるだけキレイに保存しておくためにも、光熱費の基本料金、ハウスクリーニング代など維持費がかかります。
時間が経過するにつれ建物は劣化していくので、壊れた部分などは補修をしていかなければならないでしょう。
お金がかかるだけでなく、放火や倒壊などのリスクも高まります。
空き家は倒壊リスクが高くなるため、補強が必要です。
万が一地震などで倒壊すればその対応に費用がかかります。
さらに状態によっては撤去しなければならず、そのままの状態で売ることはできないでしょう。
また、老朽化が進めば、通行人にケガをさせてしまうなどのリスクも生じます。
さまざまなトラブルが生じる前に、早めに売却をすることが必要です。
解体には時間がかかるものです。
そのままの状態で売ることで、早めに売却活動ができるでしょう。

この記事も読まれています|【不動産売却査定】ケース毎におすすめの使いどころを解説

まとめ

空き家を売りたいなら、そのままの状態で売るのもメリットがあります。
解体に費用も時間もかからないので、早く売却活動ができるでしょう。
ただし、空き家の状態などによってさまざまですので、売却査定の際にご相談いただければと思います。
旭川市を中心に、東神楽町ひじり野や東川町で空き家の売却をご検討されている方は、「不動産の住まいる」のホームページよりお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0166-76-5871

営業時間
10:00~18:00
定休日
-

売却査定

お問い合わせ